小学生や中学生のころって、けっこう恋多き女性が多いですよね。
私もその一人で、顔がかっこいい男子や、スポーツ万能な男らしい同級生に惹かれて、いつもときめいていました。

小学生のときにずっと好きだった男の子は、女子からも頻繁に「○○くんは顔がキレイだよね」と言われるような子で、足も速かったんです。
そんな彼に、小学校六年のときに思い切って告白することにしました。
夜に彼の自宅に電話をかけて、好きだと伝えたところ、彼は「友達からなら…」と答えてくれました。
まあ、今思えば断られたのだろうなと思いますが、そうやって優しくしてくれるところもいい人だったなあと思い出します。
これは、まだ素敵な、淡い恋の思い出なんです。つらいのはそのあとのことでした。

中学生になった私は、一年生、二年生と特に恋愛に関しては何もなく過ごしていました。
しかし、三年生になってから、クラスの野球部の男子が好きになってきたのです。
彼は野球部でもかなり良いポジションにいて、髪型は坊主で男らしい感じの子でした。
席が近くなったりすると本当に嬉しくて、毎日ときめいていました。

そろそろ受験シーズンになってきたというころ、私は卒業してしまうと彼と離ればなれになってしまうと思ったので、勇気を出して告白することにしました。
その前に、彼のことが好きという話をクラスの子たちに相談してみました。
すると、女子はみんな私を応援してくれて、「○○○なら大丈夫だよ!」などと励ましてくれたりしたので、よし、今度こそ告白を成功させるぞ!と気合いを入れていきました。
ものすごく緊張はしましたが、休み時間のちょうどいいタイミングを見はからって、彼を廊下に呼び出しました。
廊下にはたまたま誰もいなかったので、今しかないと思って「好きなので、付き合ってほしい」と伝えました。
彼は、はっきりした言い方ではありませんでしたが、「俺たちの学年はこれから受験になるし、忙しくなるから…」と答えました。
私は彼の考えを受け入れ、ありがとうとだけ言って終わりました。

が、後日。彼は不快そうな顔をして、クラスの男子に私から告白されたことを言いふらしていました。
あんなに好きだったのに、こんなひどいことをされてめちゃくちゃヘコみました。
そんな出来事が学生時代にあり、社会人となった今でもなかなか彼氏ができません。
でも、これ以上昔の恋をひきずっていても仕方がないので、出会いアプリでもっと素敵な彼氏をみつけようと思います!
<<彼氏欲しい!※確実に彼氏GETするなら出会いアプリがオススメ>>